お知らせ

岩井窯・山本教行作陶展

白掛八寸皿(左) 白掛六寸丸小鉢(右)

2022年
11月26日(土)〜12月4日(日)
※11月30日(水)休み
11時〜19時 会場 / 林ショップ、スケッチ
26日(土)、27日(日)作家在廊
(作陶展の準備と片付けのため、11/24木、25金、12/5月は休業いたします)

2年に一度、6度目の作陶展となりました。
今回の作陶展に際して、白掛の器の制作をお願いしました。綿花のような質感をイメージして独自に調合された白釉。しっとりとした肌合いの無地の器は、その形と相まって、どんなものでも受け入れてくれる奥深さと品があります。見れば見るほど、使えば使うほど、その魅力に引き込まれています。
そして、この数年取り組まれている赤絵や色絵の楽しい線描き模様の新作はもちろん、山本先生の代名詞となっている掻き落としと象嵌の器、定番の土鍋シリーズ。さまざまな器が、岩井窯から出来たてでやってきます。ぜひお越し下さい。



※寸法は幅(口径)×奥行×高さ

塩釉瑠璃花入(左)10×21センチ
象嵌花入(右)10×22センチ

黄釉掻落楕円皿 19×12×3センチ

地釉打掛耳付楕円小鉢 13×11×5センチ

白掛線描色絵角小皿(左)13×10.5×2.5センチ
白掛線描赤絵角鉢(右)18×18×5センチ

灰釉象嵌角鉢 38×16×4センチ

灰釉掻落角盒子(左)6.5×6.5×9センチ
灰釉象嵌角盒子(右)9×9×11.5センチ

白掛鉢 18×11.5センチ

灰釉象嵌扁壷(左)4.5×20センチ
灰釉掻落牡丹柄扁壷(右)4.5×24センチ

なないろファクトリーの平島健一さんが、今回の作陶展の動画を制作して下さいました。ぜひご覧になってください。

(11/27撮影)

2022.11.25


年末年始、営業のご案内

年末12/30(木)まで、年始1/2(日)より営業いたします。
尚、定休日にあたる12/29(水)、1/4(火)も営業いたします。
(営業時間の変更はございません。)
どうぞよろしくお願いいたします。

2021.12.29


お花畠窯・林ショップ企画展
「白磁と赤絵」

2021年
12月11日(土)〜12月19日(日)
※15日(水)休み
11時〜19時 会場 / スケッチ

寒くなってまいりました。この度、呉羽山で作陶されているお花畠窯・高桑英隆さんの企画展を開催いたします。 白磁と赤絵をテーマに、新作のご飯茶碗に丼や鉢類、シンプルながらも愛嬌のある日常使いの器や花器。 久しぶりにお目見えする器。また、来年の干支、寅をモチーフにした銅板を合わせた陶額もございます。 お正月の器としてもぴったりな、凛とした白に表情のある赤、そして緑の差し色。ぜひご覧になって下さい。

企画展より何点か作品のご紹介をさせて頂きます。

白磁窓付き角皿
長方形の形の中に、丸く象られたわずかなくぼみ(窓)がモダンな印象の角皿。さまざまな使い方を楽しめます。
(21×17センチ)

白磁小判形小鉢(左)、白磁隅切り四方皿(右)
どちらも久しぶりにお目見えした、ユニークで愛嬌のある器です。
(左 11×9センチ/右 15.5×15.5センチ)

色絵吉文梅形皿(左)、赤絵箸置き(右)
どちらも新作。新年を迎える器としてもぴったりです。

色絵よろけ文飯碗(左)、赤絵こま文飯碗(右)
今回、依頼して作っていただいた飯碗です。高桑さんの力の抜けた絵付けが生きた、楽しい気持ちになる飯碗です。

白磁の花器いろいろ

陶額(白磁/赤絵)いろいろ
それぞれの陶額には、来年の干支「寅」をモチーフにした銅板を加工したレリーフ状の絵が合わせてあります。

なないろファクトリーの平島健一さんが企画展の動画を制作して下さいました。
どうもありがとうございます。

2021.12.11